城端「桂湯」レトロな銭湯の正体は?外から窓の中を見てみたら!?登録有形文化財の建物だった

2020/08/03

富山県・他

t f B! P L

南砺市の城端の町は風情ある町並みになってます

そんな町並みを歩いてた時に見つけた「桂湯」は、外から見たら普通の雰囲気のあるお風呂屋さんです
(行ったのは2020年2月になります)


「ああ、なぁんだお風呂なら今いいや」というかんじだったのでスルーするつもりだったのが

「ここから中をのぞいてみて」という怪しげな言葉に引っ張られ(笑)

中をのぞいて、まんまと罠に引っかかりました(笑)
(言い方(笑)

風情のある建物「桂湯」


古い建物が並ぶ城端の町並みにこの銭湯
(ちょっと裏にあるけどね)

風情がないわけがない!


見た目そのまんま銭湯です

そりゃ普通スルーするでしょ
(お風呂入りに来てないし、そもそも着替えも持ってきてない・・・

ま、銭湯だし、写真撮っとこう的な感じで近くで撮ってました
(一般の家だと近づいたり写真撮ったりとかどうかなと思うので・・・)

「のぞき窓中見てビックリおどろいた」


近づいて見たら窓の一部から中が見えそう(笑)
窓に何か張り紙が書いてある

?!


「のぞき窓中見てビックリおどろいた」という張り紙


この透き通った窓から中が見れるようになってます

ええ?いいの?銭湯だけどいいの?
(という気持ちでのぞいてみたら・・・)

あ・・・なるほど(笑)


自分で答えを見に行きたい方はここから先読むと正解が書かれてますので
お戻りください

つっても、いまどき調べればすぐ出ますが?(笑)

まあ、銭湯だった場所なんですが今は銭湯ではありません。

レトロな桂湯は銭湯じゃなかった?


とにかくですねぇ

ドキドキしながら窓から中を覗いてると外にいたお店の方が「どうぞどうぞ」とおっしゃるので中に入ってみました

めちゃくちゃレトロな雰囲気たまらん~~~

あのガラスすんごく好き!

昔の銭湯の料金が今も!
(ここの入場料は無料です(笑)

すごい~~
通貨の単位が読めないところも(笑)

登録有形文化財に登録された銭湯


何でもこの建物は昭和初期に建てられたものだそう

だからなんか昭和レトロで見てると落ち着くというか、懐かしいというか、すごくいい雰囲気です


そして2019年9月に登録有形文化財に認定されたそうです~


銭湯としては2004年にやめられたそうです。

でもそのまま洗い場など残されてます

銭湯の桂湯は「手作りの店桂湯」になってました


さて正解ですが・・・(今さら?(笑)
手作りの小物雑貨やさんという感じです。

中には手作りの小物がたくさん並んでました

うわ~すごい

好きな人集まれ~って感じ


かわいい和小物もあったりして

この奥はほんとにお風呂そのまんまになっててそこに小物がたくさん飾ってありました

タイルも味があってよかった!

小物だけじゃなくレトロな建物が好きな人は見て楽しいかも~



城端の町並みは風情もあるので、歩いて散策するのもおすすめですよ~

近くにはグルメもたくさんありますが和スイーツのお店も!




「桂湯」の場所は?


Googleマップ出なかった~~~(涙)
城端別院善徳寺の前の道を山の方に進んでいくとある

住所 南砺市城端590
TEL 0763-62-0661
時間 10:00~16:00
休み 不定休


ブログ内検索

みるママ



お問い合わせはインスタかTwitterへのDMがうれしいです
Instagram
Twitter

パン屋さんめぐり、スイーツ、おやつが好き。
レポはできないポンコツです

QooQ