富山の観光!富山環水公園の「富岩水上ライン」貴重な水のエレベーター体験!

2019/04/27

富山県の観光、レジャー

t f B! P L
富山の観光スポットのひとつにもなってる
「富岩運河環水公園」

そんな環水公園ですが富岩運河と言われてる通り
公園から岩瀬までは運河になっていて
優雅な運河クルーズを体験できる
「富岩水上ライン」というものがあるのですが
乗船してみたので気になってたかたはぜひ~
(行ったのは2018年秋です)

・冬はお休みになってます

(/・ω・)/


この記事は富岩水上ラインに乗ったものですが
水のエレベーターと言われる「中島閘門」は
船に乗らなくても見るだけもできますのでぜひ・・・



環水公園で運河クルーズ「富岩水上ライン」


この富岩運河水上ラインは
環水公園と岩瀬を結ぶ運河クルーズですが
環水公園と途中の中島閘門(なかじまこうもん)までのクルーズもあります


富岩水上クルーズの種類は?


・環水公園→岩瀬(約60分)
・岩瀬→環水公園(約70分)

どちらも1日2便
こちらはライトレールの片道乗車券が付くので元の場所に戻ってこれます
(乗船券にライトレール片道付き、1700円)
水上クルーズとライトレールでぐるっと1周できます


・環水公園→中島閘門→環水公園(約60分)

環水公園を出て中島閘門を見学後、また環水公園に戻る
(中島閘門見学付き1400円)


・環水公園内(約20分)

よくわかりませんが公園内の運航のものもあるみたいです
(土、日、祝のみ運航、500円)


休日や運航ダイヤは?


冬の間は運休(だいたい11月下旬~3月下旬ごろまで)
そのほか天候や、月に1~3日ほど不定休あるみたい


運航ダイヤは平日や土日などでも違うみたいです
事前に富岩水上ラインのHPなどで調べておいた方がいいかもしれません


(写真は2018年11月のものです)


チケット売り場は?


当日各乗船場にて販売
全便のチケットが買えるのは環水公園になってます

・環水公園(運航日の全便販売)
・岩瀬カナル会館(運航日の岩瀬便のみ販売)
・ポートラムショップ富山駅北(運航日の岩瀬便のみ販売)
・中島閘門(運航日の中島閘門発便のみ販売)


また予約もしてるので
事前に行くことが決まってる場合は楽かも
(個人の予約はインターネット予約になります)


「富岩水上ライン」クルーズ体験してみました~!


ということでさっそく~!
レッツラgo~!
(2018年11月の時のものになります)

環水公園側からのクルーズの方が人気で
人がたくさんいたので
岩瀬側から乗ることにしました



岩瀬からの乗り場は「岩瀬カナル会館」


ここは人も少なく
駐車場もじゅうぶん止めれます

でも電車で来た人や県外からの観光客さんは
環水公園から乗船するほうが楽かもしれません

岩瀬から環水公園までクルーズしたい場合



車ではなく電車で来た場合の岩瀬からのクルーズですが
富山駅北から岩瀬へ行くライトレールに乗りますが
船の乗船券を「ポートラムショップ富山駅北」で購入しないといけないので先に購入してください
(ライトレール半券が水上ラインチケットにくっついているため)
また変更などあるかもしれませんが・・・

ライトレール富山駅北から岩瀬までは
時間にして約25分

窓から見る景色も新鮮です



大きな船「fugan(ふがん)」がかっこいい!



2019年3月に新しい「kansui(かんすい)」も就航したみたいです
(見た目はあまり変わらない気が・・・)


他には「sora(そら)」や「もみじ」なんかのかわいい船もありますが
コースや曜日などで乗る船が違うみたいです



「fugan(ふがん)」に乗ってクルーズ出航!


環水公園から乗船しようと見たら
人がすごかったのですが
岩瀬からだと人が全然いない・・・(笑)

満席にはならなかったので
好きな場所に座れました
(季節によって込み具合は違うと思うのでご了承を~)

人が少ないと
途中座席移動できますが
満席だと難しいですね


ふがんの定員は55人

必ず救命胴衣は着用
乗船すると配られます


船から見る富岩運河


さて私らは岩瀬カナル会館から出航しました

こんな橋の下をくぐっていきます

船長さん?のガイド付きなので楽しめます

岩瀬運河から富山港に


もうはじめて見る景色~!
岩瀬の富山港展望台見える~!

工場萌え~(笑)

いや私、結構工場好きで(笑)
楽しい~~~!

そんなこんなでしばらくこんな景色が続きます


そしていよいよ

おお~!
この先に中島閘門があるとですよ!


超貴重!水のエレベーター「中島閘門(なかじまこうもん)」


ここから先は水のエレベーターです

ドキドキです
(≧▽≦)


中島閘門というと「なんなの?」と思われるかもしれませんが
高低差2.5メートルの運河でパナマ運河のように
船を水のエレベーターにのせて運ぶという・・・
(説明ヘタなのはすいません(泣)


前と後ろに扉があり前の扉は閉まってますが
後ろは船が入ると閉まっていきます
船の横から見ると塀に囲まれてる~

後ろを見ると
だんだん扉が閉まっていくのが見れます





扉が閉まると
水の線が付いてると思うのですが
そこまで水が上昇するまで待ちます


水がたまってきた~~~


今度は反対(前)側の扉が開いて
船が出ていきます


ウォーキングしてる人を見ながら富岩運河クルーズ


中島閘門出ると
環水公園まではもう少し


途中、遊具など見ながら・・・
(ちょっと壊れてる?っていう感じはするけどどうなの?)

ウォーキングにも良さそうな感じでした

実際に暖かい季節には
たくさんの人がウォーキングやジョギングしてます!

夏は噴水?水が出るらしい

へぇ~気になるから歩いてみたい


環水公園内クルーズ


とうとう着きました~

見慣れてる環水公園です

「富山県美術館」や「ララシャンス」も見えます
(何回も言うけど写真は2018年11月です(笑)

おお~
「天門橋」をこの角度から見れるのも
なんかいい~~~
迫力すごい~

スタバも人いっぱいやな~


ということで無事、環水公園到着しました~

ライトレールも含め
1時間半くらいの楽しい船の旅でした


「富岩水上ライン」貴重な体験ができるおすすめスポット


私が乗船したのは
もう冬になろうかという寒い時期でしたがそれなりに楽しめました
(ちょい風が寒かったので・・・)

時間が長いので途中ちょっと疲れましたが・・・

見どころとしてはやっぱり水のエレベーター「中島閘門」

春や秋は木々もきれいでおすすめかなと思います

時間は1時間半くらいかかるので
余裕をもって計画を立てたほうがよさそうです


私は環水公園と岩瀬のコースにしたのですが
中島閘門見学コースもよさそうです

子供は乗れる?


乗船料金にも小学生料金(半額)や、
未就学児は無料となっています

私が乗船した時も小さいお子さんが楽しそうに乗ってました

船好きな男の子や
小学生なら社会科の勉強なんかにもなりそうですよ~!!!

(長いのに読んでくださったかたありがとうございます)



乗り場の場所は?


富岩運河と岩瀬のコースの乗り場はどちらか2カ所になります


富岩運河環水公園


富岩運河岩瀬カナル会館



中島閘門と富岩運河のコース場合は
富岩運河か中島閘門どちらかになります

中島閘門

ブログ内検索

みるママ



お問い合わせはインスタかTwitterへのDMがうれしいです
Instagram
Twitter

パン屋さんめぐり、スイーツ、おやつが好き。
レポはできないポンコツです

QooQ