立山町の立山博物館「まんだら遊苑」地獄の世界を楽しく体験!アートでおもしろい地獄で遊ぼう!

2018/10/05

富山県の観光、レジャー

t f B! P L

富山県立山町には地獄を体験できる施設があります

地獄を体験なんて聞くと、それはそれは恐ろしいところなのでは?と思うのですが、実際体験してみたら怖いけど楽しいという、なんとも不思議な体験ができます

友達や、家族、恋人同士なんかでも体験すると面白いと思いますよ~


その地獄体験できるところは、立山博物館の一角にある「まんだら遊苑」です
怖いもの見たさでさっそく行ってみました


地界の音触鬼
(写真は2015年10月に行ったときのものです)

地獄体験できる施設「まんだら遊苑」


まんだら遊苑と聞くとなんだか仏様やらよくわからない印象ですが(笑)
そんなよくわからない立山信仰のとっつきにくい世界をたのしく体験できるのがまんだら遊苑です(説明が雑ですいません)


まんだら遊苑のマップ

マップで見るとかなり広く、まんだら遊苑は立山博物館のなかの一部というかんじになってます

駐車場からも少し歩くので注意してくださいね

営業時間や入園料などは?


時間 9:30~17:00
休み 月曜日、祝日の翌日
(冬季休業あり 12月1日~3月31日まで休み)

入園料
一般 400円
大学生以下 無料


4つの世界に分かれたまんだら遊苑


入場料を払ったらさっそく地獄の世界になります

体験してみてわかるのですが施設はとても広く、全部じっくり見て回ってたらかなり時間がかかりました(笑)

ホームページには回るのに50分と書いてあった気がします

まんだら遊苑の入り口

まんだら遊苑は4つの世界(地界、陽の道、天界、闇の道)に分かれてて、それぞれ貴重な体験ができます

行き順も足元にあるので迷うことはないと思います

ではさっそく体験してみましょう

地獄の世界を表現した「地界」


入り口から入るとさっそく閻魔堂(えんまどう)という建物があるのですが、ここは中は暗く、おどろおどろしい大きな音がするので小さい子には怖いかもしれません

閻魔堂の入り口
冒頭の赤い写真の世界がありますが、怖がる小さな子供さんにはムリかもしれないので、様子を見て中に入ってくださいね

閻魔堂から出ると外には地界の景色が広がっています
(怖い人は閻魔堂に入らなくても大丈夫ですよ)

地界の針山

地界ゾーンには針山や、フタを開けると地獄の匂いや音がするという水窟鬼(すいくつき)などもあるので隅々まで行ってみてください


特にすごいのは精霊橋という、常願寺川に突き出した橋です

精霊橋

これ、宙に浮いてます?完全に浮いてますよ???

これはマジで地獄ーーー!(違う意味で?(笑)

高い場所が完全に「NO!」な私は怖くていけませんでした(泣)


精霊橋の途中

景色はきれいなんですが・・・(笑)

下がおもいっきり見えます!
先端にある鐘をぜひ鳴らしてきてください


みなさんいちばん奥まで行けてました。すごいね
(遠くから見てるだけの私でした)


地界にある橋


この地界だけでも色々遊んでると時間があっという間に過ぎるので注意です
まだ、1番目の世界なのにかなり楽しめます

天界へ向かう明るい「陽の道」


ちょっとドロドロした地界を抜けると外の日差しが明るい陽の道になります

道は二手(立山登山の道と水辺の道)に分かれてますが、私は立山登山の道から行きました

石のある道

立山登山の道ということで少し石が敷かれた歩きにくい道になってました


美女杉を現したモニュメント

立山の有名な場所や地名など表現したエリアで、癒し的なかんじもあります


苔が生えた世界

コケの感じもいい雰囲気出してます

次の天界ゾーンまではこのような木々が生い茂る広い道が続いてます

自然がたっぷり感じられるゾーンなので、晴れてる日はいいですが、雨だとけっこう大変かも~

鏡石

鏡石だそうですよ。あれは立山ですかね?

芸術的な世界の天界


天界の入り口までくると、また受付がありましたが、途中からでも入れるということなのでしょうか?
チケットは買ってあるのでそのまま進みますが、受付の方もわかっておられるのかそのままスルーでした

天の回廊

ここからちょっとした建物の中に入っていくのですが
写真NGになってるところが多かったような気がするのですが・・・

※その後、2020年にまた来た時は「天界窟」の中の7つ目の部屋だけ写真NGになってました

天界窟は7人のアーティストが天界をイメージした空間があります

繭の部屋

その中でも個人的に印象的だったこの繭のような世界!
すごい~~~

後は自分の目で見てくださいね

楽器が並ぶ部屋

さらに進んで行くと、奏楽洞があり、そこにはいろんな楽器があって、自由に鳴らすことができます

子供だけじゃなく、大人も楽しめるので(笑)


そしてその先の部屋には・・・
大きな天卵宮
天界の天卵宮が!!!

ここは以前来た時、写真NGになっていましたが、写真OKになってて感激!!!
(2019年9月に写真OKになったみたいです~~~)

中に入ることもできる大きな天卵宮ですがコロナ対策のため現在は中に入れません


現実の世界への「闇の道」


そしていよいよ最後の世界です

長かったような、あっという間だったような気がしますが、振り返ると結構時間はたってました

闇の道の入り口
このドラ?をくぐって中を進んで行くと、しばらく細く長い真っ暗な道が続きます

小さい子供さんはちょっと怖いかもしれないので気をつけて進んでくださいね

「ぎゃー見えない!」とか言いながら進んでい行くと、あっという間に出口に出ます(笑)


外はびっくりするくらい明るかったです( ̄▽ ̄)


外に出たところ


人にすすめたくなる楽しい地獄体験施設!


写真で見るとアッという間なんですが
いろんな体験ができ全部回るのはかなり時間がかかると思います


あまりにも楽しかったのでまわりの人にも勧めましたもん
子供が大はしゃぎで楽しがってたそうです

特に子供ちゃんはこういう怖い面白い系は大好きだと思うなぁ
(あまりにも小さい子は大きい音がする場所とか怖いところがあるかな)


でもめちゃくちゃおすすめですよ~

家族で来てもいいし、デートにも楽しいと思います

まんだら遊苑の場所は?

住所 立山町芦峅寺93-1
(立山博物館の中の1施設になっています)
P  あり

休み 月曜日(祝日は除く)祝日の翌日
12月1日から3月31日まで冬季休苑
料金 400円(3施設セット券650円)
公式 HP


ブログ内検索

みるママ



お問い合わせはインスタかTwitterへのDMがうれしいです
Instagram
Twitter

パン屋さんめぐり、スイーツ、おやつが好き。
レポはできないポンコツです

QooQ